コスププ

コスプレのこと、カメラのこと、日常のことなど覚えた知識や技術、感じたことを綴るブログです。

コスプレ撮影技術

躍動感のある撮影の為にシャッタースピードをもっと詳しく知る

投稿日:

hashiruinu

シャッタースピードを調節すると躍動感のある写真や一瞬の動きを止めて撮影することができます。

被写体の動きを調節するのはシャッタースピードでしかできません、例えば走っている人をシャッタースピードの速い1/1000秒で撮影した場合とシャッタースピードの遅い1秒で撮影した写真では全く違った写真になります。

シャッタースピードの速い設定は一瞬の動きを止めて撮影できるので走っている被写体でも鮮明に撮影することができます。一方、シャッタースピードの遅い設定は被写体の動きを長く写し続けるわけなのでその分、流れるような躍動感のある写真になります。

※シャッタースピードのもう1つの特性は光を取り込む量の調整です。

 

シャッタースピードとは?

シャッタースピード(シャッター速度)を知る上でまず基本なのがシャッタースピードはシャッター幕の動く速度では無くて、シャッター幕が開いてその間に光を取り込んでシャッター幕が閉じるまでの時間のことを指します。(いわゆる露光時間という)

なのでシャッタースピードが1秒というのはシャッター幕が開いて1秒間は露光してシャッター幕が閉じるということなのです。

 

シャッタースピードの値

シャッタースピードの値は「…、8、4、2、1、1/2、1/4、1/8、1/15、1/30、1/60、1/125、…」のように表され、単位はになります。

左に行くほどシャッタースピードは遅くなり、右に行くほどシャッタースピードは速い値となります。上記の値であれば一番左の8は8秒であり、一番右は1/125秒です。「…」は全ての値を書くと長くなるのでまだまだシャッタースピードの値があることを表しています。

実際のカメラの種類によってシャッタースピードを変えれる幅は変わって来ます。

 

シャッタースピードが遅い時

1/100秒以下のシャッタースピードは低速シャッタースローシャッターと呼ばれます。被写体の動きや流れを表現した撮影ができるスピードです。

 

シャッタースピードが遅い時のポイント

・躍動感のある撮影が可能
※例:バトル、アクションシーンの躍動感のある撮影

・光を大量に取り込める
※シャッター幕が開いている時間が長いのでその分、光を取り込める

※注意点
・手ブレが発生しやすい
※1/60秒以下は三脚が無いと頑張っても手ブレになってしまうスピードです。
手ブレとは ・・・ シャッター幕が開いている間にカメラが動くことによって写真がブレてしまうことを「手ブレ」または「カメラブレ」と呼びます。

 

シャッタースピードが速い時

1/1000秒以上のシャッタースピードは高速シャッターと呼ばれます。動いている被写体の一瞬を止めた撮影ができるスピードです。走っている人でも犬でも動いている瞬間を撮影することができます。

 

シャッタースピードが速い時のポイント

・動いている一瞬の撮影が可能
※例:バトル、アクションシーンの動いた瞬間の撮影

・被写体ブレや手ブレが発生しない
※もちろん、1/1000秒でもめちゃめちゃ速い被写体やカメラを振り回したりするとブレます。ただそれよりもさらに速いシャッタースピードを設定すればブレは無くなります。

※注意点
・光を取り込む量が少ない
※シャッター幕が開いている時間が短いので光をあまり取り込めません。適正露出にする為にはISO感度を上げたり、絞りを開放する必要があります。

 

シャッタースピードが普通の時

普通という表現はなかなか難しいのですが、スローシャッターでも高速シャッターでも無い時が普通のシャッタースピードということになります。

イメージとしてはシャッタースピードが1/100秒以上で日中に標準レンズで手ブレを起こさずに撮影できるレベルというイメージです。

 

シャッタースピードの変わり方

シャッタースピードを1/30秒から1/60秒に速い設定に速度を変えることを「シャッタースピードを1段速くする」と呼び、シャッター幕が開いている時間は1/2になります。

シャッタースピードを1/60秒から1/30秒に遅い設定に速度を変えることを「シャッタースピードを 1段遅くする」と呼び、シャッター幕が開いている時間が2倍になります。

 

シャッタースピードを活かした撮影について

シャッタースピードを変える事によって表現の幅が広がることがわかりました。

コス撮影に置いてはジャンルによって動きのある撮影が多く、バトル系やスポーツ系の撮影でシャッタースピードがかなり重要になって来ます。飛んだり跳ねたり相手に飛びかかったりする時はその一瞬を高速シャッターで撮影したり、蹴ったり殴ったり動きの軌跡を残したい場合はスローシャッターでの撮影をします。

他にも慣れてくると1つ上の技術として流し撮りというテクニックもあります。
まだ自分自身も全然できて無いのでいずれ紹介したいと思います。(以前、挑戦して失敗写真を量産しました… orz

シャッタースピードは奥が深いですが、色んな表現ができるので是非ともマスターしましょう!

 

 

ad2

ad2

-コスプレ撮影技術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

lens_ai

単焦点?ズーム?広角?望遠?レンズの違いを知ろう

最初はカメラのレンズには単焦点レンズ、ズームレンズ、広角レンズや望遠レンズと色々なレンズがあって良く分からない・・・って思いますよね。   それぞれのレンズの違いを見て行きましょう。 &nb …

暗いところでもきれいに撮影する為にISO感度をもっと詳しく知る

ISO感度を調節すると室内や夜撮などの暗いシーンでも明るくきれいに撮影することができます。 露出の調節はシャッタースピードや絞り値を調節することでもできますが、その2つの設定を調節できない場合はISO …

日の丸構図画像

コスプレ撮影は日の丸構図でもカメラの持ち方を忘れずに

  コスプレ撮影は決まった四角いフレーム内にどうやってベストな構図で被写体を収めるのかが重要になって来ます。 カメラ初心者であれば、まずは基本の「日の丸構図」から練習して行くのが良いでしょう …

コスプレ撮影に向けて絞り値(F値)をもっと詳しく知る

レンズの絞りを使うと大きなボケを活かした撮影をすることができます。 ボケを使うと撮影したい被写体を目立たせたり、それ以外の物をボカしたりといった撮影ができ。 また、その逆に全てにピントが合ったシャープ …

イメージ画像

コスプレ撮影に大切な露出ってなに?

  コスプレ写真は元気な表情や肌をキレイに撮影する為に明るく撮影をしたりしますが、それだけでは無くシリアスな雰囲気を出す為にあえて暗い撮影をすることがあります。 雰囲気写真を撮影をする上で光 …

ad

ププ

  CN:ププ

  のんびり屋なカメラマンです。
  みなさんよろしくお願いします(*´ω`)